加齢は薄毛の大きな要因です。

女性にとって、肌の衰えと同じくらい気になる薄毛の症状。
薄毛といえば、男性特有の症状のようにも感じますが、実は女性の場合もいろいろな原因による薄毛に悩まされる人が増えていると言われています。
その原因のひとつが加齢によるものです。

 

髪の衰えは肌の衰えよりも遅く、35歳くらいから気になり始める人が多いようです。
この頃になると、髪が徐々に細くなり、コシがなくなってきます。

 

そして同時にこの頃から白髪が生え始める人が多いため髪の悩みを訴えはじめる女性が増えてくるのです。
40歳前後になると、髪のうねり始めて、ヘアスタイルを整えるのに時間がかかるようになってきます。

 

薄毛をはじめとする、このような髪の老化はホルモンバランスの乱れによって起こります。
加齢によって女性ホルモンの分泌が減少し、男性ホルモンが優勢な状態になるとヘアサイクルが乱れるようになり、毛髪がしっかり成長する前に抜けてしまうのです。
抜け毛の中に細い毛や短い毛が混ざるようになったら、注意が必要でしょう。

 

またホルモンバランスの崩れは加齢以外の原因でも起こります。
髪のボリュームがなくなってきたな…と思ったら、生活習慣を見直す努力もしてみましょう。

 

さらに40代後半になると更年期障害の症状を訴える女性が増えてきますが、この頃になると薄毛もより進行してしまうと言われています。
髪が抜け始めてからケアを始めると、効果を実感するまでに時間がかかってしまいます。
食事やサプリメントなどで女性ホルモンに似た働きをする成分を補うなどして、体の中から薄毛を防ぐようにしましょう。