ピルの影響

女性の薄毛はいろいろな原因によってホルモンバランスが崩れることで起こります。
ストレスや加齢の他にも、ピルを服用している人が『ピルを飲むのをやめたら薄毛になった』と感じることがあります。

 

避妊の目的だけではなく、婦人病疾患治療の一環としてピルを飲んでいる方も多いと思いますが、ピルは毛髪にどんな影響を与えるのでしょうか。

 

ピルに含まれている女性ホルモンであるプロゲステロン、エストロゲンは排卵をとめ、ホルモンバランスを妊娠したときと同じ状態に保つ効果があります。

 

毛髪にはヘアサイクルと呼ばれる周期があります。
エストロゲンはこのヘアサイクルに影響を与えます。髪が成長しつづける期間を成長期と呼んでいますが、エストロゲンを摂ることで、髪が頭皮にとどまり、成長し続けるように感じるのです。
出産を終えた女性が、毛髪が一気に抜けてびっくりすることがありますが、これと同じ現象だと考えてください。

 

ホルモンバランスを操作していたピルの服用をやめると、エストロゲンの分泌量が正常な状態に戻り、成長しつづけていた髪が抜けることで、一気に薄毛になったように感じることがあるのです。
ピルの服用中止による薄毛の症状は産後の抜け毛と同様、一定期間を過ぎれば気にならなくなるでしょう。

 

ただし、近年、エストロゲンの含有量が少ないタイプのピルが使用されることが増えてきたため、ピルの服用中止が原因で起こる薄毛に悩む女性は減っていると言われています。
気になる人はピルを飲む前に医師にどんな成分が含まれているピルなのか確認してみるといいかもしれませんね。