年を重ねるごとに増える髪の悩み

育毛剤などを試しても、もう効果が出にくい

 

めい子さん 65歳 女性  55歳ころから10年間薄毛

 

私は10年ほど前から薄毛が気になり始めました。
特に後ろの頭頂部がうすく、白い地肌がうっすらのぞいている状態です。

 

なので、エスカレーターなどに乗ると、後ろの人の視線が気になり、ここ数年は外出時はいつも帽子をかぶるようになってしまいました。
一度帽子をかぶると、ペタンこでひどい姿になってしまうので、外出先、例えばレストランなどに入っても帽子はかぶったままでいないといけないので、不便だし恥ずかしいです。

 

髪のボリュームを出すためカーラーを巻いたりパーマをかけたこともありますが、ボリュームが出にくい髪質なのか、すぐにぺたんとなってしまいます。
対策として、通販のいわゆる毛生え薬、市販の育毛剤など長期にわたって使用してきましたが、ほとんど効果が出ないのに、手間がかかるのでやめてしまいました。

 

そのほか、美容院で相談して、今は無添加のシャンプーを使って頭皮の汚れをしっかり落としながら髪の毛を洗っています。毛穴に汚れが残っていると抜け毛の原因になるというので、しっかりケアしています。

 

最近はTVCMの影響か、ウィッグに興味がありますが、何となく気恥ずかしいのでまだ実際にお店では試していません。
ですが、ずっと帽子をかぶり続けるわけにもいかないので、近々勇気を出して、ウイッグの試着に行ってみようと思っています。

 

もともとそんなに毛の量が多かったわけではありませんが、50代半ばになると抜け毛が多くなってきました。首の後ろのあたりはたくさん毛量があり、抜け毛も少ないようですが、頭のトップの部分だけ抜け毛が激しいのが不思議です。いずれにしても加齢のためなので、しょうがないとあきらめています。

関連ページ

分け目が気になる
髪の分け目が目立って気になるという女性はとても多いです。
出産をきっかけにひどくなり始めた薄毛
妊娠・出産時はホルモンの働きが大きく変わることで、抜け毛や薄毛に悩まされる女性がとても多いです。 そんな女性のお悩みをお聞きしました。
ストレスが原因の抜け毛
社会でも家庭でも、大なり小なりストレスを感じることはあるものですが、ひどいストレスになると髪の悩みにつながってしまうことがあります。
白髪染めやパーマ、カラーリングが原因の薄毛
髪のスタイリングのためにカールやストレートパーマを繰り返したり、白髪を隠すためにカラーリングを繰り返すことで頭皮に大きなダメージを与えてしまう場合も多いです。