転職によるストレスが原因で抜け毛に

 

saikijisannpoさん 30歳 女性

 

20代前半のころは薄毛について気にすることはありませんでしたが、20代中盤から後半にかけて何だかオデコが広くなってきたきました。

 

初めは気のせいかと思っていましたが、美容院で前髪を作ってもらったときに、雑誌のモデルのように厚めの重たい感じにしてもらいたかったのに、髪の量も少なくスカスカで貧相な仕上がりになったときに、オデコが広くなったのは勘違いではなく確実に髪の毛が薄くなったからだと確信しました。

 

元々髪にコシがなく、ボリュームがあるタイプではありませんでしたが、まさか20代のうちから薄毛の悩みに直面するとは思ってなかったので、初めはショックで誰にも悩みを相談できずにいました。

 

でもこのままではもっと悪化していくのではないかと思い自分で色々調べて対策をとっています。

 

女性の薄毛はホルモンバランスの乱れやストレス、ダイエットなどが原因で起こることが多く、私も髪に不安を覚え始めたのは20代中盤のころ転職してストレスが多くかかっていると自覚しているときに始まったことに気が付きました。

 

なので、すぐにストレスをなくすことは難しいので、なるべく睡眠時間をとってリラックスできるように心がけたり、豆乳を飲んで女性ホルモンの乱れを治そうとしたりしました。

 

そんな努力のかいがあったか薄毛はそれ以上進行することはありませんでしたが、オデコは広いまま安定したしまったようで、相変わらず前髪を作るとスカスカで貧相のままです。流行りの髪形にできないのはとても残念ですが、女性としたこれからも髪の毛は大事にしていきたいので、髪に負担のかかることはなるべく避けて、コツコツと薄毛対策を続けていきたいです。

 

ストレスがたまると、毛を抜いてしまうクセで薄毛に

 

あえたんさん 35歳 女性  (10年くらい薄毛)

 

20代半ばから薄毛に悩んでいます。
頭頂部が年齢のわりに薄く、円形脱毛症も発症しています。

 

そんなに大きいものではないのですが、頭頂部と側頭部に合わせて5つぐらいあります。
薄くなった原因として思いつくのは2点です。1点は学生のころにストレスで抜毛癖を発症してしまったことです。

 

イライラすることがあったり気分が落ち込んだりすると、意識的に、もしくは無意識に髪に手をやってしまって弄り回した挙句に抜いてしまいます。
同じ場所を触ると禿げてしまうということは自分自身でわかっていて、せめて場所を散らそうとするのですが、無意識の場合には同じような場所を触ってしまいます。
そして同じような場所の髪を抜いてしまいます。

 

もう1点は、食生活の偏りです。もともとかなりの偏食家で、しかも一人暮らしで自分一人のためにお金をかけるのも時間をかけるのも嫌だと思ってしまい、毎日同じようなものばかりを食べています。

 

ダイエットを意識しているので、食べるものは繊維質が多く、どう考えても必要な栄養素は足りていません。
そのうちビタミンなど、美肌に必要そうな栄養素についてはサプリメントで摂取しているのですが、炭水化物やタンパク質は別途摂取しているということはなく、足りていないことは明白です。

 

そんな食生活がもう何年も続いているので、体のあちこちに悪い影響がでてきていてもおかしくない、もとい出てきているはずだと思います。
薄毛もタンパク質が足りないことが1つの原因になっているのだろうと思っています。

関連ページ

分け目が気になる
髪の分け目が目立って気になるという女性はとても多いです。
出産をきっかけにひどくなり始めた薄毛
妊娠・出産時はホルモンの働きが大きく変わることで、抜け毛や薄毛に悩まされる女性がとても多いです。 そんな女性のお悩みをお聞きしました。
白髪染めやパーマ、カラーリングが原因の薄毛
髪のスタイリングのためにカールやストレートパーマを繰り返したり、白髪を隠すためにカラーリングを繰り返すことで頭皮に大きなダメージを与えてしまう場合も多いです。
加齢による女性の薄毛
女性も年齢を重ねるごとに、どうしても毛量が減ってきてしまいます。色々と対策をしても悩みが解決されないのは加齢による薄毛の悩みです。